スタッフ紹介

臨床心理士を中心としたスタッフ全員が専門家として療育に取り組みます。ここではスタッフそれぞれの経歴と療育にあたっての想いをご紹介しています。

岡本 峰淑(おかもと みねよし)

代表・臨床心理士

これまでの経験

 教育分野では、小学校での発達障がいのある子どもたちへのSSTやグループンエンカウンターによる支援、学級運営に関するコンサルテーション、小中学校での不登校支援およびスクールカウンセリング、大学での学生相談および心理学系科目の講師、教育機関での教育相談や特別支援に関するコンサルテーションなど。福祉分野では、療育機関での指導およびコンサルテーション、児童養護施設での児童へのカウンセリンやグループアプローチおよび職員へのメンタルヘルスケア、役所での子育て相談や発達相談など。産業分野では、公共職業安定所での求職者のカウンセリングなど。

メッセージ

 私は臨床心理士としてこれまでにたくさんの子どもと出会いました。「子どもたちの成長を支援するために私ができることは何か?」ということを考え続けた結果、子どもが集団生活で困らないための手立てを提供できる場所、同時に保護者のみなさまが気軽に相談できる場所を作ることが必要であると思い至りTREXを立ち上げました。一人でも多くの子どもに「人とかかわることが楽しい」と思ってもらえるよう全力でサポートいたします。


下川 亜弥子(しもかわ あやこ)

児童指導員・臨床心理士

これまでの経験

 これまで小中学校や区役所で仕事をしてきました。中学校のスクールカウンセラーの仕事では、学校生活に入り込む形で生徒との関係づくりや、いじめの早期発見、不登校支援などに携わってきました。また区役所の子育て支援機関では家庭児童相談員として、子育てや発達に関しての保護者支援や、子どもたちが気持ちをうまく出せることを目的とした面談を行ってきました。

メッセージ

 毎日頑張っているこどもたちが、TREXでは気持ちを緩めていろんな感情を出せるようなあたたかい雰囲気を作りたいです。そして、一人ひとりに合った気持ちの出し方を一緒に探していきたいです。


安岡 大輝(やすおか たいき)

児童指導員・心理士

これまでの経験

 これまで私は、大学院卒業後から適応指導教室の支援員、中学校や高校の相談室の支援員など教育現場を中心に相談業務に携わってきました。また、医療現場では、心理検査のテスターやデイケアのスタッフ、福祉現場では就労移行支援の指導員、就労継続支援A型・B型の支援員、生活支援員など様々な現場で経験を積んできました。

メッセージ

 一人でも多くの子どもが自分の力を信じられるように、子どもと楽しみを共有しながら、お手伝いしていきたいです。また、TREXに来てくれる全員から愛される指導員を目指したいです。